プロ野球の楽しみ方

プロ野球の楽しみ方は、ホームランや華麗な守備などプレーそのものを楽しむのはもちろんですが、監督の采配やキャッチャーの配球など、様々な楽しみ方があります。とは言え、野球ファンならだれでも、贔屓のチームの試合結果は気になるところです。

セ・リーグとパ・リーグの違いを比較

采配の妙味が味わえるセ・リーグの野球

セ・リーグの野球の特徴は、DH制がなく、ピッチャーも打席に立つこと、予告先発でないことです。そのため、先発投手を予想して打順を組んだり、ピッチャー交代のタイミングなど監督の采配が勝敗の行方を左右すると言えます。「自分ならこういう風に采配する」などと監督気分を味わいながら観戦するのも楽しみの1つです。

力と力のぶつかり合いが魅力、パ・リーグの野球

パ・リーグの特徴は、セ・リーグとは逆に、DH制があること、予告先発があることです。ピッチャーは投球に専念でき、DHにより攻撃に厚みが増します。また、先発投手が試合前に発表されるため、相手投手に応じた打順を組むことが可能です。これにより、ピッチャー対バッターの力と力のぶつかり合いが堪能できます。

リアルタイムで観戦できない時のポイント

プロ野球は年間140近い試合が行なわれます。当然、平日にも試合が行われるので、毎試合テレビやラジオで最初から最後まで観戦することは、なかなか難しいのが現状です。そんなプロ野球ファンにとって、出先でも試合経過がチェックできるプロ野球速報は心強い味方と言えます。リアルタイムの状況はもちろん、点が入ったイニングに遡ってチェックできる点もポイントです。

外出先でも楽しめる!プロ野球の速報サービス

球場

野球のテレビ中継が減っている理由

プロ野球のテレビ中継が減っている理由はいくつかあります。まず、サッカーやバスケットボールなど、野球以外のスポーツの競技人口が増え、それに伴ないプロ野球ファンが減少したことがあげられます。次に試合時間の長さです。平均で試合時間は3時間近くあり、試合終了時間も9時を過ぎるケースが殆んどのため、試合の最初から最後まで中継できない点があげられます。そのため、地上波での野球中継は減少傾向にあり、CSの専門チャンネルなどに放送が以降しつつあります。

プロ野球速報をネットでチェックしよう

地上波でのプロ野球中継が減るなか、プロ野球ファンにとって、ネットで試合経過をチェックできるプロ野球速報は心強い味方です。ほぼリアルタイムで1球ごとにコースや球種も伝えてくれるので、テレビやラジオと同じくらい臨場感があると言っても過言ではありません。また、試合経過と一緒に選手の詳細なデータなどもチェックできるうえ、優勝争いをしている他チームの試合経過も同時にチェックできるなど、ネット速報ならではの楽しみ方もあり、野球観戦の新たな手法として広がりつつあります。

広告募集中